醜形恐怖を克服するためにはどうすればよいか?

醜形恐怖症ってご存知ですか?この病気は、自分の容姿や身体について、必要以上に醜いと思い込んでしまう病気となっています。実際に、自分の外見を気にして、もう少し目が大きかったらとか・肌がキレイだったらとか・鼻が高かったらとかを真剣に悩んでしまう傾向にあり、日常の生活の中で支障が出てくる可能性が高く心の病気でもあります。

悩んでいる人は、自覚を持っていない状態でそのような人が年々増加しています。そんな方が行っている事を紹介しますね。

・鏡を頻繁に見る人。鏡を避ける人にがいます。

・帽子やサングラス、スカーフ、マスク、濃いメイクで気になる部分を隠す

・他の人に大丈夫か繰り返し聞く

・美容整形や歯科矯正などを行う

・人と接することを避ける

悩みを感じやすい場所ですが、一番多いのは髪です。次に鼻と肌、目となっています。

発症しやすい時期ですが、年齢的には16歳~18歳と言われていて、10代で発症する理由としては、思春期ということもあり、他人の目線が気になっているということが挙げられています。相手は何も思っていない状態でも、変な風に見ていると感じてしまうことから発症することが多いのです。

その原因としては、様々ですが、幼い頃のトラウマも関係していることが分かっています。実際に、育っていく中で兄弟と比べられたり、することで症状が出てくることもあります。醜形恐怖症は脳のセロトニン機能低下が関係していると言われています。

醜形恐怖症を克服するためには、美容整形を行っている人も多いのですが、美容整形で克服することは出来ません。実際に自分が気にしている部分の悩みを解消した場合でも、今度は違う場所が気になり始めてしまうので同じなのです。

実際に、一人で悩んでいる人が多いのですが、克服を考えている場合には、精神科などに相談することが重要になってきます。治療は薬物療法などがありますが、カウンセリングなどを行うだけで克服できる場合もあり、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうことが解消につなげるポイントになります。

一人で悩んでいると、悩みがドンドン深刻になってしまうので、病院へ足を運んで悩みを打ち明けてみるようにしましょう。実際に、そう考える自分に気が付くだけでも解決に繋げることができると思います。実際に、目を大きくなどと病気で考えるのは仕方ないと思いますが、世の中の人は皆同じ考え方でなく、少し病んでしまったりしている時って、すぐに深刻に考えてしまいがちです。

周りとの付き合いをすることにより、自分がなんでも話すことができる、信頼できる人を見つけることにより、悩みを解消につなげることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>